« 梅から桜へ | トップページ | K-1使ってみましたその2 »

2016.05.01

K-1使ってみましたその1

4月28日にリコーイメージング(株)からフルサイズ一眼レフ「PENTAXK-1」が発売されました。
今回は発売後しばらく様子見・・・のはずだったのですが何故か?4月28日にK-1本体が届いていました。
誰が届けてくれたんだろう?親切な人だなあ(笑)
というわけで4月29日、30日の2日かけていろいろ撮ってみました。
最初は同じDFA24-70mm F2.8のレンズでK-3と撮り比べ
まずはK-3からです
Img0030
広角端全景
Img0031
広角端中心部の等倍切出し
Img0032
望遠端全景
Img0033
望遠端中心部の等倍切出し

今度はK-1のクロップ機能でAPS-Cサイズに設定して
Img0034
広角端全景
Img0035
広角中心部の等倍切出し
Img0036
望遠端全景
Img0037
望遠端中心部の等倍切出し
K-3の画素数は6016×4000ピクセル、対してK-1でクロップしたときの画素数は4800×3200ピクセル
つまり同じAPS-Cサイズで比べるとK-3の方が高解像度と言うことですね。
じゃあK-1なんかいらないの?・・・いえいえ
Img0038
K-1フルサイズ広角端
Img0040
K-1フルサイズ望遠端(等倍切出しの画像はクロップ時の画像と同じなので割愛)
やはりK-1の魅力はフルサイズによる画角の広さでしょう。
クロップ機能のおかげでDAレンズも問題なく使えるのですが
やはりフルサイズ用のDFAレンズを使ってこそのK-1ではないでしょうかね。

|

« 梅から桜へ | トップページ | K-1使ってみましたその2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61643/63561810

この記事へのトラックバック一覧です: K-1使ってみましたその1:

« 梅から桜へ | トップページ | K-1使ってみましたその2 »